DMR-JAPANは2ストロークバイクを愛する方の味方です。

2ストロークバイクとは

HOW TO

2ストロークバイクとは

HOW TO

2ストロークとは

エンジンの爆発行程の一つです。2スト、2サイクルともいわれ、その名の通り2つの行程(ストローク)で燃焼を完了させます。第1行程で「吸入・圧縮」をおこない、第2行程で「爆発・排気」をおこないます。

ここでいう1行程(ストローク)というのは、ピストンが一回下がる、または上がることをいいます。つまり、2ストロークはピストンが上がって下がって、一回の爆発が終了となる。4ストロークは吸入、圧縮、爆発、排気の4行程(ピストン2往復)となるので、2ストロークの方が同排気量では4ストロークよりパワーが出しやすいということになります。

2ストロークエンジンはその構造上、環境性能を向上することが難しく、環境への配慮から世界的に4ストローク化が進んでいるのが現状です。

そのため現在市販されているバイクの多くは4ストロークを採用しており、2ストロークを採用している車両はかなり少なくなってしまいました。


2ストロークバイクの魅力

2ストロークバイクは、現在は環境影響から新車での販売はほとんどされていません。しかし軽量なエンジンによる加速感や操作性に優れる車両が多く、現在でもファンの多いバイクジャンルになります。

特に80年代に入ってからは技術的な進歩が著しく魅力的な車両が多く生み出されています。

SHOPPING

- お問い合わせ -

TEL:0594-87-6800

営業時間 / 09:00~18:00 定休日 / 土・日曜日

お問い合わせはこちら