0 合計 ¥ 0

現在カート内に
商品はございません。

MC28【メカニカルレスタイプ】 ウォーターポンプギア NSR250R

¥ 14,080 税込

商品コード:

数量

☆DMR-JAPANオリジナルパーツです☆
フリクションの大きいメカニカルシールからフリクションの小さいオイルシール化へのコンバートKITです!
オイルシールはヤマハ純正ウォーターポンプ用を使用しておりますのでヤマハ品質での耐久性を得ております。インペラはCR500やHRC/RS250等に使われている低フリクション軽量インペラを使用しますので更なるフリクション低減が得られます!
シャーシダイナモの検証で約「1PSアップ」の効果を確認できております。

高回転時の水圧を適正化させますのでキャビテーション(気泡)の発生を抑える事ができまます。それに伴い冷却効率が向上し水温を下げる効果もあります。

吐量が純正インペラより少なくなりますので主に低回転時に冷却水がシリンダーを抜ける時間が長くなり出口の水温が上昇気味なります。その高い冷却水は同じくじっくりラジエターで冷却され冷えた状態でシリンダーに入力されますので肝であるシリンダーはしっかり冷却されてますが通常より水温が高く表示されます。

全日本ロードレース選手権に携わるレーシングショップ様も使用する逸品を是非ご活用下さい!

純正品は構造的にギア中心にクラックが入ってしまうマイナートラブルがありますが、当製品はヤマハ系の2ピース構造を採用し、クラック防止対策を施してあります。
ギアは純正より高品質なMCナイロンを採用しておりますので、耐久性、耐衝撃性、自己潤滑性が飛躍的に向上し、異物(鉄粉)による耐摩耗性は、なんと金属以上の性能があります。
シャフトはクロムモリブデン鋼を使用し、純正同様の表面焼入れ処理も行っておりますので耐久性は純正品以上です!

【取り付け方法】
①クラッチカバーからベアリング、オイルシール、メカニカルシールを取り外し、メカニカルシール圧入部分の接着剤を綺麗に除去してください。
②ドレイン穴を清掃し液状ガスケット等で塞いでください(年式により上側にも穴が空いてる物は両方塞いでください)。
③Oリングを先にケースへ入れオイルシールアダプターを油圧プレスで圧入してください。(ハンマーで叩いての圧入はオイルシールのズレの原因になるので極力避けてください)。
④アダプターへオイルシールを入れてください(刻印が見えてる方が手前に向きです)。
⑤ベアリング横の【オイルシールは取り付けずに】ベアリング取り付けてください。
⑥ウォーターポンプギアを取り付け、銅ワッシャー、インペラを取り付けてください。(シャフトのネジ部にカジリ防止でスレットコンパウンドの使用をお勧めします)
*ベアリング部のオイルシールを使用する際はドレイン穴を塞ぐ必要は有りませんが、その分フリクションが増加します。